2010年09月27日

奥吉野で狸に化かされた?!

昨日、久しぶりに奥吉野に行きました。

朝からお弁当を用意して、冷えた低アルコールビールも

保冷の容器に2缶準備、お茶にたてたばかりのコーヒーも

ポットに入れて準備万端で出かけました。


猛暑の夏からいきなり秋に変わって、遅れていた彼岸花が

お彼岸に間に合わせるように、一斉赤い花を咲かせて、

コスモスが色とりどりの花びらを、ススキが銀色の穂を

秋風に揺らしています。

コスモス2.jpgコスモス1.jpg
大宇陀のコスモス


秋が駆け足でやってきて、山里の季節の移ろいが際立って見えます。


幾度も車を止めて写真をとっていたので、大峰奥駆道に入り、

大峰山の登山口辺りまで来る頃にはすっかりお昼を過ぎていました。


__.jpg
一番奥に見えるのが大天井滝

大天井滝近くの東屋で、持ってきた弁当を広げ、ビール(もどき)を

片手にお昼ごはんを食べていると、まぶしい日差しも夏の勢いはなく、

雨上がりの山並みも蒼味を帯びて、朝晩の冷たい霧が目に浮かぶようでした。


胸に吸い込む空気には深い森の香りがして、原始の森もこうかと思うような

大きく茂ったシダは山肌を埋めて瑞々しい葉を広げています。


この山はいまだに女人禁制の修験者の山です。

反対側の洞川(どろかわ)には登山口に女人結界もあります。


神気が満ちるという言葉を、初めて身をもって体験したのはこの場所

でした。

夕暮れや早朝の山々は、まさに神の山にふさわしく、

濃い霧が谷を覆いつくし、人を寄せ付けない険しさで

白い雲の中に威容を現しているからです。


でも、そのときは明るく、ただ美しい山並みでした。


目的の黒滝村にはジャグジーつきの入浴施設があるのですが、この日は

テラスが壊れて閉鎖中との事、それでもゆっくりと内湯を楽しみ、

手足を伸ばして日頃の疲れを落とすことができました。


こんな具合なので、帰りに洞川を抜ける頃はすっかり日が暮れて、

なんだか小腹が空いてきました。

『あゆ、あまご塩焼き』の看板につられ、竹串にさした魚の姿に思わず

車を止めて、川魚の塩焼きを食べることに。

「あまごの塩焼き」と私。

「何にしようかな?」と悩む夫に「子持ち鮎はどうや?」「あ、それ」

『子持ち鮎』とは豪勢な。

焼けた魚を少しあぶりなおして、店のおじさんは奥に引っ込みました。

お皿を手に出てきて、温めた魚を乗せると「はい、女性にはこれ」と

小ぶりの焼き芋を差し出してくれます。

おおっ、そういえば焼き芋はこの秋の初物だ!と喜んで、お礼を言うと

もうひとつ、小皿を差し出してくれます。

中にはどうやら、魚の煮付けが…

「マグロのカマを炊いたんや、骨もみな食べられるで」

臭みもなく、やわらかくなった骨は噛むほどに味わいがあります。

さっくりと、干菓子のような食感も面白い。

うーむ、なかなか凝った突き出しがでるなあと感心していると

またまた、小皿が。


今度はなにやら、生のお肉のようだけれど…

「マグロの目ん玉のとこの身や。白いとこはコラーゲンたっぷり、

明日は奥さん、お肌つるつるやで〜」なんてにっこり笑っています。


ひえー、こんなもの出てきて、食べてええのん?って感じの私。

白身の部分は、まるで大トロ、赤身は身がしまって馬刺しのような

食感です。

とにかく美味しい!!

「美味しい!」を連発していると、次々と料理が出てきます。

みんな小皿で、寒天寄せや薄味の佃煮のようなもの、どうしましょう。


おじさんは人の良さそうな顔に、満面の笑みを浮かべて

「わしは、人に食べさせるのが大好きなんや。ここに座ってくれた

人には、あるだけの料理を出してる。お代は魚の分だけやで」

すごいっ!すご過ぎる!

こんなにたくさん美味しい、しかも珍しいものをタダで食べさせちゃうの?


感激して、私と主人はすっかりこの『仏様』のようなおじさんのファンに。


常連さんがせっつくので、初夏からしか出さない店をこの頃は3月末から

出すことにしたそうです。

もうじき鮎が大きくなって美味しくなるらしいです。

11月23日までしかやらないというおじさんに、また必ず来ますからと約束して

洞川を後にしました。


ところが、帰りの山道、夫は来た道なのに何度も道を間違えて

道ではない方向に走ろうとします。

3度目にコースアウトしかけたときはさすがに

「俺、狸に化かされてるのかなぁ」と、自分でも首を傾げて

「ひょっとしたら、あのお店も狸のお店やったのかしら」と

不安になりました。

昔ながらの、宿にぼんやりと提灯がゆれる風景も、

次々と出される美味しい料理も、

もしかしたら狸が化かした幻かも。


でも、あんなに美味しかったんだから、それでもいいかと

二人で笑って帰りました。

11月、紅葉が最後の頃にまた確かめに行こうと思います。

posted by 諾 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

平穏死のすすめ


最近『平穏死のすすめ』という本を読みました。

石飛幸三というお医者様が書いた本です。


医療の最先端で活躍された石飛先生が、

特養ホームの常勤の配置医になって

感じたこと、行ってきたことを通じて、

人間の最後に医療と介護が行うべきことは何かを

書いておられます。


それは「どのように死にたいか」

私の義母は、離れた長男が死に目に会えるようにという目的で

点滴をどんどん注ぎ込まれ、喉に酸素の管を入れられ、

心臓を無理やり動かされて「生きさせられ」ました。


溺れた人のように水ぶくれになった義母を、可哀想で見ていられず

病院を恨み、最新医療を恨みました。


義父は生きることに強い執着を持っていましたし、自分の体力も

自信のある人でしたが、病気で口から食べられないとわかると

急速に生きる気力を失っていきました。


最後は形ばかりの酸素マスクで、家族に見守られて

穏やかに静かに息をひきとりました。


きれいな眠っているような姿でした。



その石飛先生のプライベートな講演会があるとのことで

直接お話をお聞きしてきました。


物静かな外見とは違い、熱い人間愛に溢れた、厳しくも優しい方でした。


鳥海先生の講演も同時にあって、豪快で包容力のある人柄に

すっかりファンになりました。


お二人とも「死を受け入れる」事は本人だけの問題ではなく

社会全体で老人の死「老衰」を受け入れることが必要だと

話されました。


それは確かに「よく生きる」ことであり、「よく死ぬ」ことなのです。


私の実家の両親は健在です。

でもいつか老いと死がやってきます。

そのとき、私はどのようにふたりの死を受け止めるでしょう。

自分は?


自分用以外に、友達と「平穏死」について語り合いたいと、

もう1冊買いました。

私がお金持ちなら、知っている人全てに配りたいくらいです。

とても良い本です。

石飛先生の生き方に、自分も死ぬまでにどう生きるかと考えます。


やるべきことをやらなくちゃ・・・人生を考える秋ですね


講演会パーティー.jpg
鳥海先生と石飛先生と
posted by 諾 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

季節は味覚からやってくる


「暑いですね〜」

今年私は人と会うたびに、まるで合言葉のように

この言葉を言ってたように思います。

相手も「ほんっと、暑いですね〜」と返します。


しかし、我が家のある京都の南端、加茂は

朝夕めっきり涼しくなって、なんと長野市と気温が同じ。

最近では

「ちょっと過ごしやすくなりましたね」とか

「涼しくなってきましたね」

に変わっていたのですが・・・

昨日、あまり遠くもない京田辺で39.9度を記録したとか。

聞いただけでめまいがしそうです。


とはいえ、9月です。

行楽シーズン、美味しいものがたんまりと出回る季節です。

そして、これです!!



松茸ちらし.jpg



『松茸ちらし』♪

お昼ごはんに「茶月」というチェーン店のお持ち帰り寿司の

お店に買いに行って、お味噌汁と冷たい松茸茶碗蒸しと

大学いものデザートつきで友達と一緒に食しました。


松茸は生じゃないので香りはほのかなものでしたが、

彩りもきれいだし、散らし寿司以外に少しずつお惣菜が

入っていたし、デザートに和菓子まで入っていて、

思った以上に、お腹一杯になりました。


 松茸といえば、去年赤穂で初めて松茸のすき焼き食べたな〜

あの時は温泉に、新鮮なお魚、どこまでも青く光る海・・・

日帰りだったけど、旅気分を満喫したっけ。


どうやら、私の季節の変化は、食べ物から始まるみたいです。


 今年の秋はみんなで「美味しいものと、陰陽の旅」がテーマ。


第1弾はたぶん、 ここ↓


清明神社.jpg

お楽しみに・・・


posted by 諾 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。