2011年07月07日

空目・空耳・思い込み?


あー、久しぶりの更新です。

3月11日以後、フヌケになっていたのですが

その後は、新たに仕事を始めようと本気で動き出し

今の仕事の整理や、次の仕事のことで

ブログを更新する心の余裕もなく・・・

まあ、早く言えばサボってました。


ところで、『空目』という言葉があるのですね。

新しい言葉だそうで、いわゆる『空耳』に対して

『空目』というわけです。


なんだか変な日本語だと思うし、第一昔の『空耳』って

聞こえないはずの音が聞こえたような気がするって時に

「聞こえたと思ったけど、空耳かしら?」

みたいな使い方だったのが、今では

外国語が日本語の言葉に聞こえることみたいに使われてます。


ですが・・・

『空目』がそういう意味で使われているなら、

私は超空目ちゃんです。


昨日は、健康食品のチラシの

『夏を乗りきる元気がほしい』

と書いてあったのを

『夏を乗りきる電気がほしい』

と読んで「強迫性節電症候群かも・・・」と思ったり


車で走りながら見る看板はさらに多く

『児玉眼科』 → 『目玉眼科』→ 「悪趣味〜」

『恵友病院』 → 『悪友病院』→ 「共同経営かしら」

『第二足立病院』 → 『第二足立(だいにそくだち)病院』

と読んで、「二足歩行のことかなあ」などと、アホな感想をもつのです。


なので、この『空目』という言葉を知ったときに

次からメモしておいて

『諾の空目集』でも、制作しようかなと思ったくらいです。


思い込みが激しいのか、想像(妄想)力が豊かなのか?

とにかく、目で読んだものを

人前でいきなり声に出して言わないように気をつけなきゃ。


大声で、アトムの歌を

「ラララ、カラスの子〜♪」

と歌ってた子供のころがなつかしい・・・








posted by 諾 at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。