2012年01月07日

長谷寺初詣


明けましておめでとうございます。

新たな年に「一年の計」を立てました。

「行動すること。今しかないと思って全力を尽くすこと」

昨年は、多くの災害がありました。
地震、津波、台風、洪水と日本だけでなく
世界中で大きな被害が出ました。
世界中の人が、そして特に日本では国民のほとんどが
「今自分にできることは何か」を
問うた年ではなかったでしょうか。

そんな年に、そんな年だったからこそ
2年間お世話になった福辺節子さんの事務所を辞めて
自分独りで仕事を始めることができたのかもしれません。

手探りの4ヶ月。

介護施設の職員研修の講師や介護関係の講演会の企画など
今までの延長での仕事をしながらも
ずっと思い続けてきた介護家族への情報提供という目的を
もう一度掲げることができました。

それには
福島県の市民講座でのご家族との出会い
村松静子さんや石飛幸三先生との出会いが
大きかったと思います。

「あなたなら、きっとできる」そんなお二人の声に
背中をずっと押してもらっています。

本当に多くの方の励ましや、援助に支えられて
一歩ずつ歩き出しました。
そんな私の今年一年の目標です。


だったら初詣をして、仏様の前で誓わなくちゃ。

新年の始めに声明が素晴らしい長谷寺を選んで訪れたのは
あの美しい読経を聞きたいと思ったからです。

長谷寺.jpg


残念ながら時間が遅く、本堂での声明は聴けませんでしたが
万灯会まで待ったおかげで
講堂でお勤めをする声を聴くことができました。

山間の古刹は、長い回廊の脇に寒牡丹を植えていて
雪をよけるわらの傘から鮮やかな牡丹の花が可憐にみえます。

寒ぼたん1.jpg


牡丹と言うと大輪のあでやかな花と言う印象ですが
冬の牡丹は花が小ぶりで、色も優しくて
私はこちらの方が好きです。

牡丹.jpg


本堂の仏様の前で今生きていることに感謝して
今年は日本のために祈りました。
こんなことは長年生きてきて初めてのことです。

でも、今年の初詣は多くの方が日本や世界の人のために
幸せを祈ったのではないかと思います。

今年も行動する1年に。
今すべきことに最善を尽くすことを誓いました。

長谷寺は長い階段を上って山の上にあり
本堂の舞台から寺全体と
古くからの門前町が見渡せます。
川沿いの料理屋やお土産店も由緒ある店が多く
風情たっぷりです。

長谷寺お土産.jpg


焼きたての蓬餅を買って食べたり
熱い甘酒を茶店で飲んだりして
5時まで待って、回廊の灯篭に灯がともるのを
見てから帰りました。

足元の灯篭は大晦日の夜ともったそうです。
残念でしたが、長い階段を照らす温かな
提灯の明かりは十分にきれいでした。

長谷寺万灯会.jpg



さあ、新しい年の始まりです。

今年の年末は自己嫌悪に陥らなくて済むよう
がんばるぞう〜!!


posted by 諾 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。