2009年12月01日

働く意味の分岐点

ずっと、趣味や旅行の話題が続きましたが、久しぶりに仕事の話です。


9月末で立上げから関わってきた会社を退職して、今はプータロー(懐かしい!)

をしている私ですが、旅行先で働く意味を考えさせられたと話しました。

失業保険をもらいながら、行きたかった土地を訪ねる旅行などと、贅沢なことを

やってしまった私ですが、これまでは出産の一時期と病気で休業していた以外

ずっと働いてきました。


子供が小さかった時はパートで短時間の仕事をしました。

小さな子供がいると事務職の仕事に就くのは難しく、短時間という条件付だと

なおさらだけれど、若い頃歯科助手をしていたので歯科医院に勤められました。


子供が保育園に慣れて転職を考えましたが、そのブランクの間にPCがすべて

ウインドウズに変わり、マウス中心の操作に慣れるのには自宅でかなり

訓練が必要でした。

PCのソフトの中身はそれほど考え方が変わるわけではないので、ワードや

エクセルに慣れるのは問題なかったのですが、マウスには苦労しました。

娘は小学校まで気管支が弱く、風邪をひくとすぐに肺炎を起こすため冬場は

入退院を繰り返し、転職後も半年くらいで何度も転職することになりました。



ようやく小学校に入って落ち着き、再就職に役立ったのはPCのスキルです。

何より、ブラインドタッチ!!これができるだけで、周囲の人が一様に感心して

「すごいですね」と言ってくれるのが可笑しい。

これで、エクセルの表の集計や並び替えができれば完璧な達人です。

そんなことで、今までこの歳まで転職を繰り返しながら事務系の仕事を

続けられたのです。


今、次はどんな仕事をしようかと考えていますが、初めて自分でやってみたいと

思っています。

どこかに勤めるのではなく、自分で事業を起こしたいと思い始めています。

本当にやりたいことを仕事にするなら、自分でやるしかないとわかったから。

私のやりたいことが世の中に必要なことなら、事業として成り立つのではないか

と考えています。

事業は成功させなければ、色々な人に迷惑をかけます。

時間をかけて計画を立て、検証し、修正し、精査する、まだ時間はあると

思っています。

働く=就職する から違う選択肢へと方向転換する分岐点にさしかかった

今、そんな気がしています。













posted by 諾 at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!(^◇^)
なんか、わくわくしてきたぞ〜。
うんうん、そうやね。
「本当にやりたいことを仕事にするなら自分でやるしかない」って・・・。
なんかわかるなあ〜(*^。^*)
諾ちゃんのやろうとしていることは、きっと世の中は必要としているよ。
あせらず、ゆっくり、マイペースで歩いていってください。
おいらはそんな諾ちゃんを応援し続けようと思っています(^_^)v
Posted by シュウ at 2009年12月01日 13:43
シュウさんの応援は私にとって100人力です。
何しろシュウさんは一人で何十人分もの感性を持ってますからね(^0^)
でも、ほんとに分岐点に立って迷ってる状態です。
だからきょろきょろしながらそろそろと進んでるので、あんまりかっこよくありません。
もうちょっと颯爽としたいんですけど・・
行けーっという私と、待て待てっていう私との戦いです!
応援お願いしますね。
Posted by 諾 at 2009年12月01日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。