2010年03月21日

穏やかな小休止

20100321140120.jpg






病室から見える景色が、一気に春めいてきました。

朝は靄がかかって朝日を遮り、湿気の多い強い風が吹いていたのに…

今は青空が広がり、暖かな風が気持ちよく吹いています。

昨日までが嘘のように今日は、義父の容体も落ち着いています。

昨日は熱が余り下がらず、義父は少し体力が回復した分イライラして、私に不機嫌に当たるようになりました。

頻尿も苛立ちの原因で、少ししか出ないのに毎回他人の手を借りて排泄する事が堪えがたいのです。

昼過ぎ、痛み止の点滴が効いて眠っている間、義父がするはずだった写経を代わりにしました。

筆ペンで書くのは邪道のような気がしましたが、一文字一文字書く内に気持ちが落ち着きました。


少しでも他人の手を借りずにすむよう、パジャマのズボンを下ろしたままにしたり、口の中に濡らしたガーゼを含んだり、自分なりに努力をしている義父に対し、かいがいしく世話をする私は、ありがたい半面うっとおしいのでしょう。


ガーゼを含んだら喋る事ができません。

日記にしているノートを不機嫌に探して、あちこちに置場所を指示する声に怒りを感じます。

夜には熱が高くなり、解熱剤を入れて室温を上げ、水分を沢山摂ってもらいました。

暫くして薬が効いてきたらしく、大きないびきが聞こえ、ふと見るとガーゼが喉の奥まで落ち込んでいます。

びっくりさせて喉に詰まらせないよう、そっと看護師さんを呼びに行ってピンセットで取ろうとしたら、目を覚まして自分で吐き出すと言うハプニングもありました。

でも、その後熟睡して汗をたっぷりかいた義父は、8日ぶりに36℃まで熱が下がり、すっきりした様子。

汗を拭いて着替えをした後は、ゆっくり眠りました。

良く眠れた、おしっこが沢山出た、喉にはりついた啖が出た、熱が下がった、そんな些細な事を一緒に喜べるようになりました。


今は色んな事が少し落ち着き小休止というところでしょうか。


posted by 諾 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。