2011年01月25日

芦花ホームの人々


1月13日、『平穏死のすすめ』を著された石飛先生の

穏やかな看取りの舞台となった芦花ホームを訪ねました。



講演会でお会いした折に、沢山質問をした私に、先生が

「一度いらっしゃい。その目で見るのが一番だよ」と

言ってくださって、思い切って世田谷の芦花ホームに先生を

訪ねて行ったのです。


早く着きすぎた私は、芦花ホームのある世田谷の町を散策し

閑静な住宅街に不思議な空間をいくつも見つけました。

フェンスや立派な塀で囲まれた、何もない雑木林だけの場所です。

もとはお屋敷があったのかもしれませんが、今は建物はなく

お庭だったころの植物だけが自然の林のようになって生い茂っています。


広いお庭を持つ家が多く、中には「○○の花が咲いています」と

小さな看板を下げ、門を開け放している家もありました。

ご近所の方たちにお庭を開放しているのかもしれません。

野趣あふれる回廊式の庭園で、少し枯れた感じが自然な雰囲気を

醸し出しています。


そんな町の中に世田谷区立総合老人センター『芦花ホーム』は

ありました。

白い洋風建築の建物は、木がふんだんに使われているため

温かで、明るい印象です。

実際、明り取りの窓や天窓がたくさん設けられていて、光が

随所から入るため、冬のさなかでも太陽が届ける天然の

暖房でぽかぽかしています。


石飛先生は私が、お仕事の邪魔をしたにもかかわらず、

「遠いところからわざわざお越しいただいて」と

しきりに恐縮して、ご自分で案内してくださいました。


ここでは、夜勤の方も含め10人の看護師さんがおられます。

その日も見学をして回っている間、何人もの看護師さんと出会いました。

皆さん、介護職の方と同じような服装で首から聴診器を下げていなければ

看護師さんとわからないくらいです。

先生は看護師さんの報告を受けられたり、利用者さんとおしゃべりしたり

利用者数80名にショートの利用者もあるという大きな施設ながら

とてもアットホームな感じがします。

この居心地の良さはどこから来るのだろうと思いながら、見学をしていて

ようやく気づきました。


利用者さんも、そこで働くスタッフの皆さんも、とても表情が穏やかで

くつろいでいる感じがするのです。


これは、施設長や石飛先生はじめとする看護師さん、多くの方がいつも

皆さんを見守っているからかもしれないと思いました。


何もなくても、何かあってもずっと見守ってくれている。

それは、利用者さんだけではなく、介護をするスタッフの方のことも

見守り、支えています。


私の友人はグループホームで重度の利用者さんがいるのに一人で

夜勤をするのが不安で怖くて辛かったと仕事を辞めました。


芦花ホームでは介護職の人がすすんで看取りをしたいと言うそうです。

病院に送りたくない、自分たちで最期を看取ってあげたいと。

それを支えているのが、石飛先生や、看護師さんや、

利用者さんのご家族の理解でしょう。

人は死ぬ時も生まれる時も、一人きりです。

でも、少しずつ死に近づいていくとき、一人ぼっちでは辛い。

その最後の道のりを、一緒にそばにいて、

見守ってくれる人々がいることが、人の死を支えるのだと思います。


亡くなったら、物体になってしまう医療の現場ではなく、

ここ、芦花ホームの看取りでは生きている時からそばにいて、

死にゆく人に寄り添い、その後も『物体』ではなく、

「かつて、生きて笑って一緒に過ごした人」として

存在することが許されるのです。

老人ホームに入居したら「かわいそう」という人がいます。

でも、こんなに多くの人に支えられ、見守られて最期を迎える人が

不幸せでしょうか?

芦花ホームでは、利用者の多くの人が石飛先生の

「今日も元気だね」の一言に救われ、守られて生きています。

私は、芦花ホームのような利用者を見守る輪がある施設での

生活はむしろ幸せなのではないかと思います。


こんな老後があるのなら、そしてこんなに平穏な人生の終わり方が

あるのなら、人の最後は怖くないと思います。


先生に『100歳の美しい脳』の本をプレゼントして帰りました。

春には必ず友人を連れてまたお邪魔しますと約束をしました。

屋上から富士山がきれいに見えていました。


沢山の出会いの中で、多くのものを与えてくださる方がいます。

私も足元を見て、自分の信ずるところを一歩一歩歩いていきたい。


人は人の間でしか生きていけないのだと、しみじみ感じた1日でした。






posted by 諾 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。