2011年03月11日

頑張って、生きてください


今日の3時過ぎ、事務所で打ち合わせをしていたら

小さな揺れを感じました。

揺れは止まらず、どんどん横揺れが大きくなりました。

「地震だ!」急いでドアを開けて、火の元を確認しました。


事務所にテレビがないため、インターネットで地震情報を見ると

宮城で震度7の大地震、津波の警報も出ています。

津波警報はどんどん広がり、体に感じる余震も続いています。

それでも、大阪は震度3程度、宮城は茨城は大丈夫なのか?


仕事上の知人が仙台にも茨城にもいます。

気になっても携帯は通じません。


気になりながら自宅に帰ってニュースを見ると、ひどい映像が

死者の数が刻々と増えてきています。


胸がしめつけられました。

阪神淡路大地震の時と同じです。

あの日、私は明け方大きな揺れを感じましたが、すぐに終わって

そのまま仕事に行きました。

地震の情報が気になったので、テレビをつけたまま仕事をしていると

神戸で大きな地震があって死者も出ているとのこと

それがどんどん時間がたち、情報が入るたびに死者の数が増えて

500人を超えたときには、もう仕事はできませんでした。

「私はいったいなぜこんなところにいるんだろう?こんなに多くの人が

亡くなって、今も瓦礫の下で助けを待っているのに」

手が震えて、しかも兵庫にいる友人たちの顔が浮かび、

いてもたってもいられなくなって、自宅へ帰るなり電話をかけましたが

すでに電話はどこも通じません。


今も仙台市の若林地区で200人から300人の人が溺死したと聞き

気仙沼市が火の海です。

私は何をしているんでしょう?

何もできずにテレビを見ているだけなのが、やりきれません。

今はひたすら祈るばかりです。

お願い、これ以上被害が大きくならないで!

今は何もできません。

被害にあっている地域に向かって、日本中の人が祈っています。

どこかで助けを待っている人に、私たちの祈りが届きますように。


posted by 諾 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。