2011年10月27日

ケアライフバランスと住まい方


高齢者専用賃貸住宅(略して高専賃)の見学に行きました。

『ハートランド西淀川』は高齢者専用の賃貸住宅で
介護を要する人が主に入居されています。

介護サービスは形式的には訪問介護ということになりますが
実際はスタッフの方が行われています。

以前、高専賃の取材に行った3年ほど前には、
入居条件が厳しく、胃ろう(チューブで食べ物を流し込む)の人
認知症の人は入居できないところがほとんどでした。

「一番行き場のない人が行けなくて、何の意味があるのか」と
特養入所待ちの解決策というふれこみを疑問に思ったものです。

今回驚いたのは、これまで敬遠されてきた医療の必要性が高い人
認知症の人も受け入れているということです。

これまでは在宅介護として限度額の縛りがある高専賃では
こういった人の受け入れは難しいとされてきました。
特別に別途サービス費として加算して受け入れるなど
入居できても費用負担が大きくなったのですが…

医療機関との連携により、医療保険での訪問看護と組み合わせ
対応しているそうです。
高額な入居金も必要なく、特養と変わらない負担で入居できる
費用設定になっています。

老人ホームとの違いは、ひとつ。
「ここは老人ホームではないので、随時対応はできません」
ナースコールなどでいつでも呼び出せるのではなく
あくまで在宅として、ケアプランに合わせて
掃除、洗濯、食事介助など必要なだけのサービスを
提供しているそうです。

それでも、健康状態が悪くなってきたときや
かなりの高齢で介護度の高い方の入居の場合には
「看取り」について相談をして、
ここでの看取りを希望される場合には
最後まで対応されるそうです。
もちろん、看取りのケアプランによって
手厚い介護や看護が受けられるようになります。

スタッフの皆さんは、特養や老健の勤務経験者も多く
落ち着いた対応で、見ていて安心感がありました。
認知症対応のフロアを見学しましたが、
ユニットの食堂に集まられた皆さんは楽しげで、
スタッフの方と和気あいあいという雰囲気でした。

私は介護に色々な形態があってよいと思うのです。

家族が在宅で介護を行う場合、介護する側の
ワークライフバランスが大切だと家族会でお聞きしました。

同じように、介護をどれだけ他の人にお願いするか
一緒に住むのか、別に住むのか、どの程度介護するのかという
ケアライフバランスということも、家族は考えなければ
自分の生活を無くしてしまうと思います。

別々に住むとしても、同じ地域や同じ町で住めれば
仕事と介護と自分の生活というバランスを取れないでしょうか。

今までのような、施設か自宅かという選択ではなく
ニーズに合わせて選ぶことができればよいと思うのです。

ハートランドを運営する株式会社川商の会長は
しっかりした企業理念を持っておられます。
それが、スタッフの皆さんに浸透していると感じました。

民間企業は営利目的だからと色眼鏡で見られがちです。

そういえば在宅看護研究センターLLPの村松代表も
最初に開業ナースを提唱されたとき、看護を売り物に
するなんてと批判されたそうです。

でも、私も非営利ではなくて
きちんと世の中に役に立つ仕事をしたいと思います。

いっぱい仕事して、その中で素敵な人に出会いたい!




posted by 諾 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。