2011年11月25日

久しぶりに琵琶湖見ました


ここのところ、セミナーや会合や見学などあちこち飛び回っていて
まさしく『貧乏ヒマなし』状態でした。

今日もソウル市の老人施設協会の視察旅行で日本の施設を見学したい
と言われたので、大津市の真盛園を案内してきました。

その様子はフェイスブックで詳しく話しているので、ここでは別の
観光としての一日を。


実は前の会社にいるときに取材で真盛園や、関連の施設を訪れて
いたので坂本には何度も来ていました。

でも紅葉のシーズンは初めてです。
少し遅いかなと思っていたのですが、今年は暖かい日が多かったため
ようやく紅葉が始まり、色づきもイマひとつといったところです。

それでも秋晴れの坂本は白壁が美しく、青い空と伝統の町並みが
すっきりとしたコントラストを見せて坂の多い、町歩きを軽快な
気持ちで歩かせてくれました。

見学のご一行が来るのは14時。
私は12時過ぎにJR「比叡山坂本」駅に着いて、この静かな佇まいの
町を楽しもうと歩き出しました。

IMG_0588.jpg
日吉大社の鳥居


しかしっ、今日は寒い!ふらふら
お天気は良いのですが、風が冷たいっ!
手が冷たくなってきて、手袋がほしいと思うくらいです。

日向をえらんで歩くと少しは暖かいので、日吉大社の鳥居をくぐり
参道を登り始めると、すぐに京阪の坂本駅があり、向かいの観光
協会で地図をgetして迷子予防。
携帯のナビを使うと電池がすぐなくなるので、今日はアナログで。

日吉大社にお詣りする時間はないと判断し、生源寺の角を折れて
西教寺へ直接向かうことに。
生源寺ではお葬式があるらしく、僧侶が数人と喪服の男性が門前で
出迎えをされていましたが、観光地のお寺でのお葬式は少し不思議な
光景でした。

この通りは里坊と呼ばれる小さなお寺がびっしりと並んでいます。
民家も古い造りのものが多く、洒落た和風のカフェなどもあり、
散策にはもってこいの場所です揺れるハート

穴太衆積み(あのおしゅうづみ)と呼ばれる独特の石塀が続く路地は
風もさえぎられ、しかも坂道を上っていくので、だんだん身体も
温まってきまするんるん

八朔が実っていたり、金柑の木がかわいい黄金色の実を鈴なりにして
いたりして目を楽しませてくれます。

30分くらい歩いたところで、見慣れた西教寺の山門が見えてきました。
あちこちでゆっくりしたけどあと1時間くらいはあります。

IMG_0589.jpg


西教寺にお参りすることにしました。
本堂までの道は楓の木が何本もあり、その中には見事に色づいている
ものも。

IMG_0590.jpg
美しい紅葉と青空


階段を上がって本堂まで行くと、もうすっかりポカポカ。
振り返ると、琵琶湖が一望に見渡せます。
母なる湖と呼ばれるこの琵琶湖は、私にもとても懐かしい景色です。

IMG_0591.jpg


この西教寺も比叡山が織田信長に焼き討ちにされたときに焼かれて
その後明智光秀によって再興されたそうです。

天台宗の総本山だけあって総けやき造りの本堂はどっしりとして
威厳があります。
障子が閉ざされ、中からは読経の声が聞こえていました。

IMG_0592.jpg


私はここに明知一族の墓があると聞いていたので、今日はぜひとも
見ておこうと思っていました。
3日天下と言われる明智光秀は、実はとても素晴らしい統治をした
優れた当主だったということです。
悲劇のヒーローのお墓にお参りしたいという少々乙女チックなぴかぴか(新しい)
目的があったのです。
お墓は本堂の左手、思っていたよりも大きく立派でした。

IMG_0593.jpg


手を合わせ、しばし戦国の世に想いを馳せてみましたが、秋晴れの
静かな境内では想像が及ばず、時間も無くなってきたので、
あっけなく現実に引き戻されてしまいました。

後はお仕事。今日の本当の目的のために石段を降りましたダッシュ(走り出すさま)

こちらも、首尾よく終わり充実した一日でした。
帰りに駅前の店で買った揚げたてのコロッケとポテト。
身体が中から温まっておいしかった〜わーい(嬉しい顔)






posted by 諾 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。