2011年02月23日

エキスパートよりオールマイティー

昨日の日経新聞に就職特集がありました。

新卒の就職活動も終わった?から、今年の就職の状況はどうか

ということらしく色々な分析がされていました。


実は私、これまで大学受験を失敗して就職に切り替えてから

歯科医院の助手を手始めに、外資系事務機器メーカーや

ソフトウエア開発会社、不動産会社・会計事務所など

10数社転職をしました。

職種自体も歯科診療助手、営業事務、コンピュータインストラクター

秘書、経理事務、専門学校講師、マナー講師、営業、管理職と

そのたびにカメレオンのように、変わっていきました。

資格の多さも仕事上のことです。

宅地建物取引主任者・介護事務管理士・診療報酬請求事務や

福祉住環境コーディネーター2級、変わったところでは

要約筆記奉仕員や手話奉仕員中級なんてのも持ってます。

昔のベーシックのプログラミングの技能検定なんて骨董品も。


ほとんどが仕事上の必要性にかられて取ったものや、次の

ステップアップのために取った資格です。


とりあえず『石の上にも三年』ということわざどおり

契約上の理由や健康上の理由をのぞけば3年間は勤めるというのが、

基本方針なのですが、子育て時期は子供の入院が多くて

半年と続けられないときもありました。


それでも、就職率は95%くらいじゃないでしょうか?

これだけ転職するのに、相手に断れらたのは3回だけです。

子供が1歳のときに2回、どちらも子育て中が原因。

もう1回は資格が必要だったというものです。


女性は年齢が高くなるほど、就職や転職が難しくなります。

看護師などの医療系の専門職や建築士や測量などの建築系の

専門職の人は同じ仕事を何十年も続けていて、

「偉いなぁ」と思いました。

同じ会社に勤続35年なんて人も尊敬します。


私のように仕事をしている間に興味のあることに出会うと

後先考えずに、仕事を変えてそちらに行ってしまうなんて

本能のままに行動してしまうと、何の専門家にもなれず

いわゆる『エキスパート』に対する憧れと劣等感が

「私なんて何もできない」と自分を苛みます。


ですが、初めて前職で人を使うと管理職という経験をして

『誰もがエキスパートを目指す必要はないんじゃないか』と

思い始めました。


確かにその道のエキスパートには、すばらしい能力と魅力が

ありますが、ベンチャービジネスの管理職として求めたのは

『オールマイティー』な人材です。


営業はもちろん、企画、実行、取材、撮影、起稿、編集、事務まで

一人で出来る人。

しかも自分の置かれた立場に応じて、使いっぱしりから

上司の代理まで状況判断を行って実行できる人材です。


「私は事務ですから、電話がかかってきて営業のことを聞かれても

答えられません」とか

「営業なので、事務的な書類は事務の人が作ってくれないと」など

「今までやったことがないので、それはできません」という

専門外を断る人は必要ありませんでした。

自分の経験を生かし、新しいことにも果敢に挑戦できる人こそ

必要でした。


『どんな仕事をしてきた人か』よりも

『どんな仕事のやり方をしてきた人か』の方が大切だからでしょう。

新しい仕事に挑戦し、自分で勉強し、そこで役立つことを最優先に

する仕事に対する姿勢が大切だと思います。


今、もし「私なんて何の専門家でもないし、歳食ってるし・・」とか

「がくせいだから何の経験もないし、資格ももってないし」と

転職や就職で行き詰ってる人がいたら、

考えを変えてみませんか?


「私は何の専門家でもないので、何かにこだわることなく、

新しいことに取り組むことができる。チャレンジのための知識と

経験なら持っている。私は何にでもなれるオールマイティだ」


専門の資格を持たない学生にも、「めざせオールマイティ」と

言いたい。

大企業の歯車はひとつのことしかしてはいけないのですが、

中小企業では一人で何役もこなさなければなりません。

広く、そこそこ深い知識が必要なのです。

怖がらずに、自分が専門外と思うこと、小さな企業で

何でも経験すれば良いのです。


最後に面接のコツを(キャリア支援の時の経験から)

元気であること。健康が第一です。

女性なら健康的に見えるお化粧をしましょう。

元気な声で(聞こえない小さな声はだめです)返事しましょう。

無理に笑顔で答えるよりも自然体で。

でも、最後ににっこり最高の笑顔で「ありがとうございました!」を。

企業は薄命の美人よりも、健康で毎日元気に出社する人が欲しいのです。


まだ就職決まっていない人に、エールを送りま〜す。

posted by 諾 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

国民総幸福量だなんてかっこいい!


最近、日経新聞を読んでいます。

結構色々な発見があって、経済という面から物事を見ると

こんな見方もできるんだと妙に納得することも。


経済といえばGDPやGNPという数値で国の序列を言ったりしますが

数日前に掲載されていた記事にGNHという見慣れぬ略語がありました。


国民総幸福量というのだそうです。

これは国民の幸福度を測る経済指標だそうで、取り入れている国は

世界中でたった一つ「ブータン」という国。


心理的幸福・健康・教育・文化・環境・コミュニティー・良い統治

生活水準・自分の時間の使い方の9分野について

一人当たり5時間の聞き取り調査を8000人に行って出すそうです。


国民総生産が国の力を表すなら、この数字は国民の幸福度を表し

強い、弱いという競争から離れたところで、

国の誇りを表しているみたいでカッコいい!


ブータンでは地域別や立場によって幸福の色分け地図ができあがります。

そして政治家は、幸福と感じる量の変化によって政治の方向を見定めるのです。


日本の政治家に、こんな気持ちはないのでしょうか?

選挙のためにお金をばらまき、できもしない公約をして政権を握っても

国民の幸福の量はどれほど増やせるというのでしょう。


ブータンは人口67万人の小国ですが、きっと総幸福量は日本よりも多いに

違いないと思います。


私もブータンに見習って、今年1年の総幸福量を測ってみようと思います。


どんな色になるか。

年末まであと少し、幸福量を増やすために頑張ってみようかな。




posted by 諾 at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。