2011年11月07日

看取りについて鳥海さんの講演

 
今日は、仲良くして頂いている吹田市の特別養護老人ホーム
あす〜る吹田の創立5周年記念行事で
鳥海房江さんの記念講演会に行ってきました。

あす〜る吹田は、まだ創立からまだ5年という新しい施設ですが
堀田施設長はじめ、若いリーダーたちが先頭に立って
介護の質を向上させようと頑張っている施設です。
堀田施設長.jpg

福辺節子さんの定期的な介護技術の研修も受けていて
介護に対する意識の変化や技術的な向上だけでなく
目指す介護の姿が明確になったそうです。

今では施設を退所されるご利用者の80%は
そこで看取りをされたとのことで、これは全国的にも
高い水準ですばらしい業績だと思います。

鳥海さんもこのことをとても評価されていました。

記念講演の内容をご紹介すると

「生活の場だからこそできる穏やかな最後の迎え方」

病院で死にたくない。ぴんぴんコロリと逝きたいという人が多いが
脳血管が破裂するとか、大きな動脈瘤の破裂でもない限り
人は老いて他人の世話になって逝くのが自然な姿なのです。

今は家で生まれ、家で看取ることが少なくなって、死が見えない。
医療に対する幻想を持つ人も多く、万全の医療を尽くしさえすれば
どんな病気も治ると思われがちです。
でも、老人が亡くなるのは病気ではなく、医師が病気の部分を取り除いても
治癒する力、抵抗力や免疫力がなくなって死ぬのです。
だから、口から食べられなくなって、排せつも、入浴も自分でできなくなる
それが、老化によるものなら医療によって止めることはできません。

病院で医療を点滴やチューブでの栄養を受けても、水膨れになるか
逆流して窒息するか…医療は万能ではないということです。

そして日本では文化として、湯船に入る入浴、呑み込みが悪くなっても
食事を最後まで食べさせてあげる高い介護の文化を持っています。
そのため、誤嚥による窒息などのリスクも高くなるので、ご家族は
ケアについての方針とリスクを共有していただきたい。

最後までしっかりと看取りをすることは、その人が生き切るための
お手伝いなのです。
ご家族も、最後の時をどのように迎えるか、病院に入れて管だらけの死か
生活の場で自分らしく逝くかを、一緒に考えてみていただきたい。

そして、ご家族のご遺体を最後に一緒に見て、介護の質を見てください。
ご遺体は介護の通知表です。痩せていても、きれいな体で
あることは介護の質の高さを表しているからです。
それを確かめられるのはご家族しかありませんから。

鳥海房江先生.jpg


あじさい荘で実際に看取られたご利用者の穏やかな、そしてユニークな
看取りの実例も交えて、温かな人柄そのままに
楽しくお話しされました。

獲物が取れなくなったら、野生の動物はそのままそれが最後です。
世界で唯一人間だけが、食べられなくなった人を介護して
生きながらえさせることができるのだと言われました。

幸せな死などあるはずはないと思いますが、もし自分の体力の限り
長生きして、最後は家族や友人が代わる代わる見てくれて、
苦しまずに逝けるなら、やはり幸せなのかもしれないと思いました。

長生きすると、楽に逝ける。長生きのご褒美だ。
すごい言葉だと思いました。生と死のはざまで仕事をする人だからこそ
言える言葉だと感動しました。



posted by 諾 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

心と絆といのち

村松静子さんから本をいただきました。

これは『看護実践の科学』という35年以上も歴史のある
看護の総合雑誌の1998年1月号から
1999年6月号までの18回にわたって
掲載されたものを1冊の本にまとめられたものです。

10年以上も前の原稿をそのままにまとめられたとの
ことでしたが、村松さんの姿勢はそのころから
微動だにしていないことが、よくわかりました。

実は送ってくださるとお聞きしていたので
首を長くして待っていました。

届いた本は120ページの四六版の赤い表紙が印象的な本
厚さもそれほどなくて、一晩、いえ2時間で読み終える
と、思いました。

でも、読み終えるのに3日もかかり
本は届いた日からずっと自宅ではテーブルに
出かけるときはバッグにありました。

いつもはあきれられるほど読むのが早いのです。

内容が専門的で難しかったとか
看護に関係ない私には興味がわかなかったとか
そんなことでは、決してありません。

むしろ、とてもわかりやすく易しい言葉で書かれていました。
短編集のように毎回少しずつ違う状況でのことや
違う事柄について書かれているのですが
ずっと、同じなのです。

村松さんが患者さんやご家族をみつめる視線も
向き合う姿勢もずっと、まったく変わらないのです。

それは、まるで小さな身体で太洋を渡ってくる
渡り鳥のように、目指すところを決して見失わず
確かな羽ばたきで飛び続けているようです。

村松さんはあんなにも人に優しいのに
自分にはこれほどまでに厳しい
実践すること
これ以外に求めるものに到達する道はないと
明言され、まさしく実践されています。


看護師が開業するということが、実は他の訪問看護と
どう違うのか?わかっていませんでした。

でも、この本を読んで村松さんが何を目指しているのかが
とても良くわかりました。
そして『看護』と言うのは本当はどういうものなのかも。

私が20歳のときにこれを読んでいたら、
迷うことなく看護の道に進んだだろうと思います。
世のため人のためには、この齢になってて幸いでした。


私が読むのに時間がかかった理由はもうひとつ。
私は村松さんとお会いしています。
あの声、心の中のもつれた気持ちを穏やかに
解きほぐしてくれるような語り口、
この本を読むと、村松さんからお話を聞いているようで
次々と終わらせてしまうのが惜しかったのです。

この本は看護のプロ、
本当の看護とはなにかを求める人のための本ですが
ひとりの素晴らしい女性の生き方が
立ち上ってくる本でもあります。

より良く生きたいと願っている人なら
きっと得るものがあると思います。

でもナースでない私が村松さんの弟子にしていただくには
もう少し修行が必要だと気付きました。
だから、私が成長したら「村松先生」と
呼ばせていただけるよう、改めて弟子入りを
お願いしようと思います。

がんばろう、私。


posted by 諾 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ケアライフバランスと住まい方


高齢者専用賃貸住宅(略して高専賃)の見学に行きました。

『ハートランド西淀川』は高齢者専用の賃貸住宅で
介護を要する人が主に入居されています。

介護サービスは形式的には訪問介護ということになりますが
実際はスタッフの方が行われています。

以前、高専賃の取材に行った3年ほど前には、
入居条件が厳しく、胃ろう(チューブで食べ物を流し込む)の人
認知症の人は入居できないところがほとんどでした。

「一番行き場のない人が行けなくて、何の意味があるのか」と
特養入所待ちの解決策というふれこみを疑問に思ったものです。

今回驚いたのは、これまで敬遠されてきた医療の必要性が高い人
認知症の人も受け入れているということです。

これまでは在宅介護として限度額の縛りがある高専賃では
こういった人の受け入れは難しいとされてきました。
特別に別途サービス費として加算して受け入れるなど
入居できても費用負担が大きくなったのですが…

医療機関との連携により、医療保険での訪問看護と組み合わせ
対応しているそうです。
高額な入居金も必要なく、特養と変わらない負担で入居できる
費用設定になっています。

老人ホームとの違いは、ひとつ。
「ここは老人ホームではないので、随時対応はできません」
ナースコールなどでいつでも呼び出せるのではなく
あくまで在宅として、ケアプランに合わせて
掃除、洗濯、食事介助など必要なだけのサービスを
提供しているそうです。

それでも、健康状態が悪くなってきたときや
かなりの高齢で介護度の高い方の入居の場合には
「看取り」について相談をして、
ここでの看取りを希望される場合には
最後まで対応されるそうです。
もちろん、看取りのケアプランによって
手厚い介護や看護が受けられるようになります。

スタッフの皆さんは、特養や老健の勤務経験者も多く
落ち着いた対応で、見ていて安心感がありました。
認知症対応のフロアを見学しましたが、
ユニットの食堂に集まられた皆さんは楽しげで、
スタッフの方と和気あいあいという雰囲気でした。

私は介護に色々な形態があってよいと思うのです。

家族が在宅で介護を行う場合、介護する側の
ワークライフバランスが大切だと家族会でお聞きしました。

同じように、介護をどれだけ他の人にお願いするか
一緒に住むのか、別に住むのか、どの程度介護するのかという
ケアライフバランスということも、家族は考えなければ
自分の生活を無くしてしまうと思います。

別々に住むとしても、同じ地域や同じ町で住めれば
仕事と介護と自分の生活というバランスを取れないでしょうか。

今までのような、施設か自宅かという選択ではなく
ニーズに合わせて選ぶことができればよいと思うのです。

ハートランドを運営する株式会社川商の会長は
しっかりした企業理念を持っておられます。
それが、スタッフの皆さんに浸透していると感じました。

民間企業は営利目的だからと色眼鏡で見られがちです。

そういえば在宅看護研究センターLLPの村松代表も
最初に開業ナースを提唱されたとき、看護を売り物に
するなんてと批判されたそうです。

でも、私も非営利ではなくて
きちんと世の中に役に立つ仕事をしたいと思います。

いっぱい仕事して、その中で素敵な人に出会いたい!


posted by 諾 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。